案内所とは

風俗の無料案内所とは、どの風俗街にも必ずあるもので、入るのも無料、出るのも無料でその街の風俗店のチラシや看板などの広告で埋め尽くされている建物だ。中にはお兄さんがいて、希望のサービス内容を告げると親身に相談してくれる。また、案内所経由でお店に行くと割引などの特典が付くことが多い。

誰が運営しているのかといえば、風俗広告、その中でもネット広告で利益を挙げた人や、その土地を所有する不動産が運営していることが多い。従ってどちらにしても、その土地自体やその土地の風俗に関してはエキスパートであるし、その従業員も推して測るべしだ。だから、強引な客引きでもしてこない限りは安心して委ねると良い。

無料案内所は、都府県公安委員会が定める風俗案内所規制条例の範疇だ。風俗店ではないため、風俗営業法の規制は受けない。中身としては、案内所について届出義務、案内時間制限規制、案内表示、従業員年齢について規定している。具体的には、例えば京都府では学校や病院などの保護対象施設から200メートル以内で風俗案内所の営業を禁止している。ちなみにこの件で、200メートル以内で案内所を経営していた男性が逮捕、起訴猶予となったが、その男性は条例が、憲法で定められている「営業の自由」に反するとして、京都地裁に提訴し、「規制条例は合理的裁量を逸脱している」という違憲判断を勝ち取っており、案内所とそれを取り巻く規制条例の今後については注目されている。







Copyright © 2014 無料案内所 All Rights Reserved.